« 〆張鶴吟醸生酒 入荷しました。 | トップページ | 底引き漁最後 アンコウの肝 (アンキモ) »

2008年5月29日 (木)

雑誌 「自遊人」 の寿司特集

弟が本屋で寿司の特集の本を立ち読みしていたら、「私の家、松乃寿司の元祖の事が少し書いてある」、と買ってきました。



色々な寿司の事を書く本は多いですが、なかなか「江戸時代の松がすし」の事を書いてある本は少ないです。





詳しくは 「松乃寿司のホームページ」 にも書いてありますが、江戸時代からのれんわけして、下の系統のように新潟県の松乃寿司は商売しております。



私、小林文彦は現在の三代目ですが、祖父の兄弟弟子の方が静岡の方にいると聞いた事がありますので、沼津・焼津にある松乃寿司さんは同じ江戸時代からのまつのすしと同系だと思います。

私の処が加賀町店としているのは、神田駿河台の松乃寿司さんが、祖父の頃の本店さんなので、あくまで支店なので本店は名乗っていません。

全国のお寿司屋さんが頑張ってくれていてありがたいです。
老舗が廃業のニュースがトップニュースのこの日に、改めて美味しいお寿司を作って頑張って行きたいと思います。


           
------------------------------------------------------

   
サンショウウオに足が生えてき始めました。







しっかりウーパールーパーに似てきました。





« 〆張鶴吟醸生酒 入荷しました。 | トップページ | 底引き漁最後 アンコウの肝 (アンキモ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 〆張鶴吟醸生酒 入荷しました。 | トップページ | 底引き漁最後 アンコウの肝 (アンキモ) »

フォト

バナー

  • Facebook
    http://www.facebook.com/fumihiko.kobayashi.50
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BOOMERANGS-ブーメラン-十日町ブーメランクラブ   

リンク集Ⅱ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ